ブログBLOG

2021/10/02

U様邸工事日記 土台工事

栗東市で建築中のU様邸、土台工事が行われました。

 

土台に使われる木材は、樹齢1000年120mm角の天然ヒバ土台です。

天然ヒバはヒノキチオールと呼ばれる成分を放出し、シロアリなどの虫を寄せ付けません。

なので、床下に身体に悪影響のある薬剤をまかなくて済みます。

健康住宅を建築しているアサヒ開発では、見えない所にも体への影響を考えて、素材を選んでいます。

また樹齢が1000年を超えており年輪も細かく、柱をしっかり支える強度も持ち合わせています。

玄関土間とユニットバスの基礎には断熱材が施工されています。

天然木の心地よい香りが、現場に溢れていました。

 

土台の間には98mm角の大引きが敷かれます。

455mm間隔で大引きが入りますので、床倍率3.7倍のとても強い床になります。

ピアノやウォーターベットなどの重量物でも、床下の補強は必要ありません。

 

床の断熱材が入りました。

土台と大引きの間に断熱材を敷き詰めていきます。

プレカットできっちりカットされて搬入されるので、隙間も無くしっかり断熱してくれます。

断熱材は厚さ75mmのMSフォームです。

内装床の仕上げも天然木なので、スリッパのいらない温かい床になります。

 

今回の工事箇所は、完成すると見えなくなる箇所ですが、快適な室内環境の実現には、欠かせないとても大事な箇所の一部です。

見えないところが一番大事です。

 

 

次回は、上棟編です。

 

 

資料請求・ご相談